ポンコツ山田.com

漫画の話です。

2024-01-01から1年間の記事一覧

『きのう何食べた?』シロさんの変化と幸せなサプライズの話

みなさん、今週号のモーニングの『きのう何食べた?』は読みましたか? 読みましたね?※CATION※ 『きのう何食べた?』の単行本未収録話のネタバレがあります。ご注意ください。きのう何食べた?(22) (モーニングコミックス)作者:よしながふみ講談…

誇り高きポンコツドラゴンとのゆる楽しい日々『ドラゴン養ってください』の話

大学生の村上は、ある日ドラゴンに出会う。異世界からやってきたというドラゴンのイルセラは、一「竜」前のドラゴンになるための修行として人間界にやってきたという。しかしてこのイルセラ、あまりにポンコツ。人間界でどう暮らすかの算段もなく、会ったば…

『正反対の君と僕』身体感覚の言語化による強い共感の話

先日6巻の発売された『正反対の君と僕』。正反対な君と僕 6 (ジャンプコミックスDIGITAL)作者:阿賀沢紅茶集英社Amazon 1巻の帯に「真逆な2人の共感ラブコメディ」の惹句があるように、登場人物たちの心理描写、というよりは心理の言語化が巧みで、それが…

『葬送のフリーレン』雪山手ぶら一人旅で気づいた、アニメと漫画で違う想像の余地の話

面白いぞ『葬送のフリーレン』アニメ。「葬送のフリーレン」Blu-ray(Vol.1 初回生産限定版)種﨑敦美Amazon ケルティックなBGMがマッチしているのが意外で、20~30年前にちょっとケルトミュージックブームが起こったのを思い出しました。エンヤとか。 そ…

楽しさに満ち溢れたラクガキの時間 九井諒子『デイドリーム・アワー』の話

原作漫画が完結し、アニメもスタートした『ダンジョン飯』。 そして本日発売されたのが、九井諒子ラクガキ本『ディドリームアワー』。九井諒子ラクガキ本 デイドリーム・アワー (HARTA COMIX)作者:九井 諒子KADOKAWAAmazon 『ダンジョン飯』の筆慣らしや、キ…

『葬送のフリーレン』「ヒンメルはもういないじゃない」人類と魔族を分かつ死者への思いの話

正月の暇に飽かして『葬送のフリーレン』第1期を一気視しました。葬送のフリーレン(1) (少年サンデーコミックス)作者:山田鐘人,アベツカサ小学館Amazon 特に日常パートは、原作のシンとした雰囲気を活かしている、いいアニメ化ですね。 ところで、放送以…

『2.5次元の誘惑』コスプレ衣装を作る動機の言語化とその意味の話

今年のアニメ化も決定している『2.5次元の誘惑』の最新刊。2.5次元の誘惑 19 (ジャンプコミックスDIGITAL)作者:橋本悠集英社Amazon 19巻で一番好きなコマはこれでした。 (p26) ひとり脚が上がりきってないマリ姉ェ…… アリアの脚だけ筋肉質なのもいい…

俺の俺マン2023の話

あけましておめでとうございます。毎年恒例、年の初めの去年の総括です。 すでに本家の俺マンは企画を休止しているようですが、毎年恒例ですのでそのまま続けていきます。 勝手に決めた俺ギュレーションは1,2023年中に発表された、もしくは単行本が出…