拍手レス

拍手レス

以前からブログを読ませて貰っていますが、読む度に考えの深さ、そして文章を書く力に感服します。今後も読ませて頂きます。 どうもありがとうございます。そのような声援をいただけると、やる気がもりもりと湧いてきます。もりもり。 これからもどうぞよろ…

拍手レス

序盤で毒気を抜いても、話が進むにつれてどうしたって毒のある展開になるんだから、下手に子供向けに変えなくてもいいんじゃないのかなぁと第一話を見て思いましたね。蟻編までやるみたいですし。 ハンタは話が進むごとに毒気が増しますからね。蟻編から毒気…

拍手レス

市川先生の作品はほんとにどれも視覚的表現に優れてますよね。「25時のバカンス」で、弟の姉の距離が段々縮まっていくのが絵でも分かりました。特にP86の姉の後姿の美しさと艶めかしさは、弟の姉への見方がここで変わったんだと感じます。気持ちにはなんとな…

拍手レス

やは、同志。当方もCuvie先生をこよなく愛するものです。また機会を見つけて、ナイトメアメーカーをじっくりと紹介したいです 『NIGHTMARE MAKER』で描かれている、記憶や認識、現実のあいまいさは、読んでてドキドキします。そういうスリリングさを描いてい…

拍手レス

真理ですね。 私も経験として、実感として、出来るような人間になりたいです。 これからもこのような思考をとめることなく過ごしたいものです。 紹介されていた漫画読んでみますね! 素敵な漫画に出会う機会を下さりありがとうございます! そのような反応を…

拍手レス

頼る/頼られるの話では、林田先生にいじめの解決法を教えてもらおうとしたり、 高橋君にひなの話をしたりというのもありましたね。 これまでと違い積極的に他者と関わろうとする姿勢が目立ちます。他にも6巻では新人王戦で二階堂の言葉を思い出して粘りの将…

拍手レス

考察は勿論、文体が美しく読みやすいです。これからも楽しみにしてます! ありがとうございます!とても嬉しいお言葉です! 今後ともどうぞよろしくお願いします。

拍手レス

はじめまして。 最近theピーズやTOMOVSKYを知り、ライヴDVDに「実験4号」という曲があり、歌詞が気になったので検索したら、ここに辿り着きました。 伊坂さんの小説を読んでみたくなりました。ブルーハーツの頃からヒロトとマーシーのファンです。 はじめま…

拍手レス

天才の師ということなら、やはり「シュガー」「RIN」に出てくる中尾重光が挙げられますね。 天才キャラとしての立ち具合が主人公の石川凛以上という傑物です。 「天才」に関しては『シュガー』を読めとよく言われていますので、なるべく早く、目を通したいで…

拍手レス

化物語に興味があったころ小説から読むかアニメから見るか迷ったのですが、小説から読んで正解だったと思いました。アニメから見たら途中でやめてたかも・・・。やはりあれをアニメにするのは限界があるのですかね。感想は僕も同じです。短すぎる。薄く感じ…

拍手レス

「天才論」って、日本の物語のテーマの一つですよね。私も興味あります。・・・でも、海外のドラマには実は少ないかも。アマデウスくらい? 実はこれは日本人または日本のクリエイタに特有の願望なんでしょうかねえ? あまり海外の作品は知らないのですが、…

拍手レス

こんにちは。 ここでハックス知り、全開購入してハマりました。いい出会いになったと思います。ありがとうございます。人の対比という意味合いでは、アニ研の部長の後藤と三山の対比もありますね。2人ともあさみの前向きなエネルギーに少なからず影響を受け…

拍手レス

山田さんはじめまして。漫画考察、とても楽しく読ませてもらっています。自分では好きなマンガのどこに惹かれるのか上手く言葉に表現できないのですが、山田さんの書く考察や感想を読んでいつもすごく納得したり新しい発見があります。読んでいて漫画を読み…

拍手レス

日本橋作品ファンなので頷きつつ読みましたが、一言だけ。才能と天才は違うんですよ。優劣の差が決定的に違います。 また、天才はそれ(芸術)を無くしても、関わらずとも生きていけます。何食わぬ顔して生きていけるのです。才能のある方は芸術に固執します…

拍手レス

「子ども」と「力」と「理念=倫理=正義」と言えば、新井英樹先生のキーチ!!がありますね。ひとり すごい ひとり だいじ みんな ひとり 生きる楽しい、ひとりだから あいにく、「キーチ!!」は1巻だけ読んで、以降は手つかずなんですよね。新井先生の作品…

拍手レス

検索していて記事を読ませていただきました。 私は、熊本で最後のマンガ展を見たのですが、その時の緊張感を思い出しました。 昔の記事で申し訳ありませんが、「拍手」を送らさせて頂きます。 最後のマンガ展は、全身を使って本を読むようで、あの空間を歩い…

拍手レス

のだめのお話とっても面白かったです。僕はのだめを読んでいなかったのですが、 後輩の音楽やってる女の子にのだめ好きな子でヘタクソだけど料理好きな子がいて、僕がお世辞でその料理を褒めた時になんだか想像以上に喜んでいて不思議だったんですね。彼女は…

拍手レス

ファルマンさんと車でプライドに突撃した時のヨキも良かったですね。 ヨキのキャラもあいまって、ギャグっぽい描写にはなっていますが、あのシーンもかなりガッツ溢れるものだと思います。ヘタレ代表みたいなキャラのヨキが、かなり出ずっぱりなのがいいです…

拍手レス

グリードの「強欲」の極致が「仲間」だったのは、彼が単に仲間思いのキャラだったからと思う。つまり「強欲」が先にあってグリードというキャラが生成されるのではなく、グリードが先にいて「強欲」は欲望の純度を高めているだけ。 ……あるいは父上から切り離…

拍手レス

初めまして、失礼します。伊藤先生に言うより冲方氏に言った方が…w私も続編読みたいです。もっと言えば『ラド ウーナ』は?…www 伊藤先生の新作は気になっていたのでまだ購入しておりませんが、コレを気に読みたいと思います。別になりますが、拍手イラ…

拍手レス

感想の内容に感心と共感していたら…最後のマジ巨乳ってw …あの扉絵のことですかね若干透けてた…? 48話の表紙のあかりさんはちょっと煽情的過ぎて、羽海野先生どうしましたのんて感じでした。 私は彼女の前で寝ているニャーになりたい。

拍手レス

はじめまして、最近貴サイト様の記事を初めて拝見し、その記事の密度に感動しました。わたしも漫画の批評や考察記事を書いているのですが、まさに山田さんのような記事を書きたいと思っています。多忙なのもありますが、それ以前に文章力や発想の乏しさから…

拍手レス

「主人公サイドの過剰な持ち上げ」については、この作者の十八番ともいえるのではないでしょうか。 「感覚的に技を身につける主人公」が、「努力型や天才型のライバル」をあっさり蹴散していくというパターンは、『帯をギュッとね』『モンキーターン』でも同…

拍手レス

はじめまして!クロロとゴンのシーンについての解釈、本当にその読み取り方の深さに感服しました……!そんなキャラ個人の掘り下げを表現したかったなんて微塵も思いませんでした。ぐうの音も出ないくらい、ご意見の全てに納得、感動しちゃって、とても清々し…

拍手レス

こんばんはー。山田さんには珍しくちょっと毒吐いてますね。 その「サシ飲みで語ろう」女子を目の当たりにしてないので推測でモノを言いますが、その女子達、もしかしたら自分の敵と味方を振り分けてたんじゃないですかね。性向はもちろん、一対一で飲む時の…

拍手レス

人間のキャラクターにまでは考えが及びませんでした。 確かに、あいつは〜だという印象がキャラクター化できれば最強ですね。 「あいつは〜だ」というようにキャラとして語った時って、その人自身について語っている気がまるでしませんからね。もう観念的な…

拍手レス

がっつり読まれてますね。僕も楽しみにしてたマンガでした。ちゃんと評価を受けないともったいないというか、残念だなと思ってたので評価してるひとがいるんだ!と、嬉しくなりました。 とても大好きな作品でした。次の連載もとても楽しみで、より多くの人に…

拍手レス

はじめまして。この漫画がすきすぎて読むとひたすらページをめくるだけになってしまいマトモにストーリーと人物同士の関係が把握できてませんでしたが、冷静なレビューをみてやっとわかりました。ハックス!に対する愛と敬意の記事を読まさせていただきあり…

拍手レス

待望の(笑)最新エントリ読みました。 キルアが人殺しを避けることにそこまで熱を傾けていたとは、まったく思ってもみなかったことだったので興味深かったです。指摘されてみると、あらホント! ですね。 アリの本陣へ突入してからのキルアの心理でよく分か…

拍手レス

ワンピースについてですが、内的規範について語っている記事がありました。 http://hpsuke.exblog.jp/11188146/ 私は「ワンピース」については、異なる社会集団間での規範の競合を浮き彫りにしながらも、最終的には主人公サイドの規範を読み手が100%内面化…