ポンコツ山田.com

漫画やアニメ、小説などについて、思ったことを恬淡と。

高遠るいのオマージュについての話

高遠るい先生と言えば、「バキ」の板垣先生へのオマージュに溢れる絵柄が多用されることで知られていますが、それ以外の漫画家も参考にしているのではないかと思うのですよ。
私がそうじゃないかと睨んでいるのが、「お天気お姉さん」や「バカ姉弟」で知られる安達哲先生です。
とりあえず百聞は一見に如かずということで、それらしき画像を。

バカ姉弟 1巻 p109)

(シンシア・ザ・ミッション 1巻 p67)

バカ姉弟 2巻 p119)

(シンシア・ザ・ミッション 1巻 p163)

バカ姉弟 4巻 p28)

(シンシア・ザ・ミッション 4巻 p190)

シンシアとおねいの造形の類似に関してはかなりグレーですが、ばあさんの描き方は、これはもうオマージュと言ってしまってもいいのではないかと。


高遠先生の新刊「ジェネラル・ルージュの凱旋」買いました。原作をまるで知らないけど、とても面白かったです。原作も読んでみようかと思わせるくらいに。たぶんその内なんか書きます。
安達先生は「バカ姉弟」をもっと描いて欲しいと思います。実は冨樫先生をはるかに越える不定期連載っぷり。この数年でいったい何話掲載されているんだろう。








お気に召しましたらお願いいたします。励みになります。
一言コメントがある方も、こちらからお気軽にどうぞ。