ポンコツ山田.com

漫画やアニメ、小説などについて、思ったことを恬淡と。

トーキョー博物誌/日高トモキチ

今は亡きコミック・ガンボで連載されていた作品で、単行本に未収録だったお話を収録したものです。
東京近郊で見かけることができる動植物(含虫)について、うんちくを交えつつ6pで説明してくれます。ざっと列挙すれば、ネコ、カマキリ、カモメ、ヒガンバナアサガオ、カナブン、クワガタ、ハクセキレイetc...
とにかく内容がぎゅうぎゅうに濃厚で、わずか130pの厚さにもかかわらず、読み終わるには普通の単行本二冊分くらいの時間を優に消費します。これ一冊を読めば、ちょっとしたウンチク博士として「うぜーうぜー」といやがられるほどの知識量を得られますよ。

日高先生のホームページはこちら
モキチノモノオキベヤ

この作品を読んでも、またこのホームページ内のブログを読んでも感じられるんですが、日高先生はたぶん相当の読書量と知識量を誇っていると思われます。普通の漫画も読んでみたいですね。


ちょっと出かけるので、今日はこんな時間での簡易更新でしたー。




お気に召しましたらお願いいたします。励みになります。
一言コメントがある方も、こちらからお気軽にどうぞ。