2010-10-08から1日間の記事一覧

「とめはねっ!」に見る、個性と努力の過剰な優劣の話

というわけで、前回の記事の最後でちょろっと触れたことについて。 望月が「書は人なり」を体現しているとはいささかの皮肉を交えて前回書きましたが、さらに気になるのがこの作品で、キャラクターたちの書道に対する取り組みに、善悪二元にも似たあからさま…