ポンコツ山田.com

漫画やアニメ、小説などについて、思ったことを恬淡と。

「GIANT KILLING」に見る、開放的なキメゴマ

GIANT KILLING(7) (モーニング KC)

GIANT KILLING(7) (モーニング KC)

漫画で普通キメゴマといえば、デカゴマでドアップだと思います。さらに下からあおり気味、というのが多いですかね。キメゴマが多用されるような少年漫画、「ワンピース」や「ブリーチ」あたりではそれが顕著でしょうし、「ハチワンダイバー」も過剰とさえ言えるほどのドアップをよく描きます。
そんな常道ともいえる表現方法がある中、「GIANT KILLING」では逆に、あえて読者の視点をキャラから離すことで、そのコマの印象を深めています。

GIANT KILLING 一巻 p182)

GIANT KILLING 三巻 p62)

GIANT KILLING 五巻 p126)

(同書 p196)

GIANT KILLING 七巻 p32)


とまあこんな具合です。
以前の「ハチワンダイバー」の記事(参考;『ハチワンダイバー』の持つ読者の吸引力 - ポンコツ山田.com)では、どんどんアップの度合いを増していって、最後にふっと離すことで解放感を与えていると書きましたが、「GIANT KILLING」では、そのような積み重ねを経ずに、広々としたコマをポンと作って、印象を強めます(まあ「ハチワン」でカメラを離すといっても、そのコマも充分アップなんですが)。


さて「GIANT KILLING」のこのキメコマですが、読者の視点を離すという技法のほかに、もうひとつ見逃せない点があります。それは、上部に空間を作り、コマ全体に開放感を与えているということです。
三巻のゴールシーンは少々毛色が違いますが、他の例ではみな、コマに比してキャラを小さくとり、何も描かない空白の空間を上方に集中させています。五巻の例二つは、ご丁寧にスタジアムの半開きの屋根を描くことで、その間に広がる空白の空を強調していますし、七巻の例では、1ページを縦に半分に割り、その左半分を贅沢に使っています(ちなみに右半分は、3/7,3/7,1/7くらいで、コマ割がされています)。そして、思いっきり空けた上部にフキダシを挿入するというバランス。この開放感は確信的です。


キメゴマにこのような空白を挿入するというのは、おいそれとできるものではありません。空白とはすなわち情報の欠如であり、読者の印象を強めたいと思う折角のキメゴマで情報量を減ずるというのは、普通に考えれば逆効果でしかありませんから。
ですがこの作品では、ある箇所の情報の欠如を、逆に他の箇所の情報の強調というように読み換えさせています。大きなコマにも関わらず、そこにある意味が少ない以上、「ならばその少ない意味こそ重要なのではないか」と読み手は推測し、結果そのコマの印象が深まるのです。言ってみれば、読み手に深読みを要求しているということなのですが、その要求に足るほどに、キメゴマの空白と描き込みのバランスがつりあっているのです。もしこのバランスが崩れていれば、キメゴマはただのスカスカなコマに成り下がってしまうでしょう(正直、一巻の例はまだそのバランスに慣れていない感がありますし)。七巻の例のバランスは、本来ある右側のコマも含めて、実に絶妙だと思います。
また、この技法が使える理由に、この作品がサッカー漫画であるということはそれなりに重要でしょう。スポーツの中でも、サッカーは屈指の広々としたスペースで行われる競技であり*1、また基本屋外のスポーツであることから、描きこみが薄くてすむ(つまり空白を作れる)空をコマの中に入れることができるのです。


視点が離れる大ゴマは、読んでいてふっと毒気を抜かれるようであり、ある意味で読み手を呆気にとらせるのです。この感覚は、読んでいて身体的な心地よさを感じさせます。アップによる印象付けは、意味解釈による強調、つまり脳味噌に訴える強調ですが、視点を離すことによる印象付けは、読者の拘束を解き開放的な感覚を与える印象、つまり身体的な強調であるとも言えるのです。サッカー漫画で身体に訴える技法をこらすというのは、なんかいい感じですよね。








お気に召しましたらお願いいたします。励みになります。
一言コメントがある方も、こちらからお気軽にどうぞ。

*1:野球;(式は割愛)一人当たり500平方メートル サッカー;105m×68m÷22人≒324平方メートル ラグビー;120m×70m÷30人≒280平方メートル アメフト;110m×50m÷22人≒245平方メートル ハンドボール;40m×20m÷14人≒57平方メートル バスケ;28m×15m÷10人=42平方メートル バレー;18m×9m÷12人≒13平方メートル となる。ちなみにおそらく最大の集団球技はポロ。274m×183m÷8人≒6268平方メートル 集団でない球技ならゴルフ。コースの形式が厳格に規定されていないため計測できないが、一緒に周る人数が4人なので、仮にポロと同程度の広さとしても倍となる。単純にスポーツであればフルマラソンが最強だろうが、さすがにそれはなんか違うだろ