ポンコツ山田.com

漫画やアニメ、小説などについて、思ったことを恬淡と。

羽海野チカ

『3月のライオン』原作に忠実なアニメと逸脱の面白さの話

アニメ『3月のライオン』の第一話が先日放送されました。3月のライオン 12 (ヤングアニマルコミックス)作者: 羽海野チカ出版社/メーカー: 白泉社発売日: 2016/09/29メディア: コミックこの商品を含むブログ (33件) を見る原作のChapter.1から2の最終盤まで…

『3月のライオン』想像力と気遣いの成長の話

11巻での重たい父親話も終わり、わりかしライトな話の多かった『3月のライオン』12巻。3月のライオン 12 (ヤングアニマルコミックス)作者: 羽海野チカ出版社/メーカー: 白泉社発売日: 2016/09/29メディア: コミックこの商品を含むブログ (33件) を見る…

『3月のライオン』「自分の大きさ」を晴々と知った零の話

衝撃の展開を迎えた『3月のライオン』10巻。3月のライオン 10 (ジェッツコミックス)作者: 羽海野チカ出版社/メーカー: 白泉社発売日: 2014/11/28メディア: コミックこの商品を含むブログ (49件) を見るマジすかと口をあんぐり開けざるを得ない零の活躍ぶり…

『3月のライオン』「自分の大きさ」を知らない高城と知りつつある零の話

出ました『3月のライオン』9巻。3月のライオン 9 (ジェッツコミックス)作者: 羽海野チカ出版社/メーカー: 白泉社発売日: 2013/09/27メディア: コミックこの商品を含むブログ (117件) を見る夏から翌春まで駆け足だったなーとか、ちゃんと高橋君の話にケリを…

『3月のライオン』言葉の呪と祝の話

現役最年長A級棋士と実年齢+10はありそうな胃痛持ちの棋匠戦。華はないけどそんなことは勝負の熱量と何も関係ないぜと言わんばかりの『3月のライオン』8巻でした。 言いたいこと考えたいことはいろいろあるけど、今日はその現役最年長A級棋士であるところの…

『3月のライオン』いじめ問題についての雑感の話

7巻でとりあえずの決着を見た『3月のライオン』いじめ問題について、軽い雑感をば。3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)作者: 羽海野チカ出版社/メーカー: 白泉社発売日: 2012/03/23メディア: コミック購入: 19人 クリック: 1,288回この商品を含むブログ (…

『ハチミツとクローバー』に見る「天才」の呼ばれ方の話

前回の記事で羽海野チカ作品の人称について触れましたが、今回はその流れで、『ハチミツとクローバー』のはぐの呼ばれ方の変化について考えてみます。ハチミツとクローバー 10巻セット作者: 羽海野チカ出版社/メーカー: 集英社発売日: 2007/05/01メディア: …

『3月のライオン』そこにいないあなたへ呼びかける「あなた」の話

修学旅行にもかかわらず一人川べりに座っていたひなのものとへ駆けつけた零。一連のいじめ問題も一応の幕切れを迎え、自分の話を聞いて、傍にいてくれた零に深く感謝をするひな。ラブフラグが順調に立ち続けている、『3月のライオン』です。3月のライオン 7 …

『ハチワンダイバー』『3月のライオン』将棋しかない人間が将棋以外のものを得るためにはどうすればいいのかという話

新刊が出たばかりであるところの『ハチワンダイバー』と『3月のライオン』。私が集めてる将棋漫画がこの2作品しかないので、他の作品を参照する気が無いのはご寛恕願いたいのですが、それはそれとしてこの2作品、主人公のスタンスにおいて共通するところがあ…

『3月のライオン』零に生まれた頼る/頼られる関係性の話

6巻で、「ほんとに イザとなったら 頼っちゃうからね!?」とあかりに言われた零。3月のライオン 6 (ジェッツコミックス)作者: 羽海野チカ出版社/メーカー: 白泉社発売日: 2011/07/22メディア: コミック購入: 20人 クリック: 1,157回この商品を含むブログ (385…

『3月のライオン』ひなのいじめから見る川本家の父性と母性の話

前巻から続くひなのいじめ問題を軸に進む、『3月のライオン』6巻。3月のライオン 6 (ジェッツコミックス)作者: 羽海野チカ出版社/メーカー: 白泉社発売日: 2011/07/22メディア: コミック購入: 20人 クリック: 1,157回この商品を含むブログ (385件) を見る…

『3月のライオン』零が欲しがった「逃げなかった記憶」の話

ぶ6巻の発売された『3月のライオン』。ヒナのエピソードが長く続いていて、けっこう意外に思っています。3月のライオン 6 (ジェッツコミックス)作者: 羽海野チカ出版社/メーカー: 白泉社発売日: 2011/07/22メディア: コミック購入: 20人 クリック: 1,157回…

羽海野チカの心理造形と初期短編集『スピカ』の話

スピカ 〜羽海野チカ初期短編集〜 (花とゆめCOMICSスペシャル)作者: 羽海野チカ出版社/メーカー: 白泉社発売日: 2011/07/20メディア: コミック購入: 20人 クリック: 730回この商品を含むブログ (111件) を見る羽海野チカ先生の初期短編集『スピカ』のレビュ…

「3月のライオン」他人と交わりだす零と、他人の理解の度量衡の話

自身との葛藤と、少しずつ他人に心を開きだしていく零の描写が心潤ませる『3月のライオン』です。 5巻では、前巻からの島田八段の流れに加え、学校では部活という居場所を作り上げることのできた零。元々彼の立場を知っていた林田教諭のみならず、ほんの縁が…

谷川史子と羽海野チカが描く、類似した物語構図の話

谷川史子先生の新刊「P.S.アイラブユー」を買ってきました。P.S.アイラブユー (クイーンズコミックス)作者: 谷川史子出版社/メーカー: 集英社発売日: 2009/09/18メディア: コミック購入: 8人 クリック: 86回この商品を含むブログ (65件) を見る表題作の「P.S…

「神様との約束」羽海野チカの天才観の一類型の話

羽海野チカ先生の天才観が少し垣間見えた話を軽く。 羽海野先生の連載作品である「ハチミツとクローバー」と「3月のライオン」には、天才と呼びうるキャラクターが出てきます。前者には代表的なところではぐ美と森田(二人については過去記事;漫画で天才は…

「3月のライオン」 「家族」の喪失と補填、そしてそこに馴染まない二人の話

「3月のライオン」手段と目的としての「将棋」と「家族」、そしてそれから解放してくれた川本家の存在という話 - ポンコツ山田.com 前回の記事に引き続いての「3月のライオン」の話。今日は「家族」について重点的に。

零の引越し、川本家との出会いの時系列についての話

上の記事を書いてから改めて考えたのですが、どうにもそこらへんの状況がはっきしりしません。 零が一人暮らしを始めたのはやっぱり高校編入とほぼ同時期、もしくは直前なのかなという意見も充分有力です。カーテンの問題もありますし、幸田や香子の話を勘案…

「3月のライオン」手段と目的としての「将棋」と「家族」、そしてそれから解放してくれた川本家の存在という話

3月のライオン 3 (ジェッツコミックス)作者: 羽海野チカ出版社/メーカー: 白泉社発売日: 2009/08/12メディア: コミック購入: 14人 クリック: 343回この商品を含むブログ (560件) を見る各話の表紙にほぼ例外なく川本家の人間が描かれているのでなかなか気づ…

漫画で天才はどう描かれるのか、「ハチクロ」と「バガボンド」を例に考えてみる話

ハチミツとクローバー (10) (クイーンズコミックス―コーラス)作者: 羽海野チカ出版社/メーカー: 集英社発売日: 2006/09/08メディア: ペーパーバック購入: 4人 クリック: 156回この商品を含むブログ (813件) を見る「ハチクロ」のメインキャラクターは、竹本…

「ハチクロ」おまけの勝手にテーマソング

アニメの「ハチクロ」では挿入歌としてスピッツとスガシカオを存分に使っていて、これがまた実に雰囲気に合っている。なもので勝手に各キャラにテーマソングを設定してみました。いくつか実際の挿入歌と重複していますが、まあそれはそれ。また、スガシカオ…

「ハチミツとクローバー」に見る、漫画とアニメの違いからくる描写技法の差異

ハチミツとクローバー (10) (クイーンズコミックス―コーラス)作者: 羽海野チカ出版社/メーカー: 集英社発売日: 2006/09/08メディア: ペーパーバック購入: 4人 クリック: 156回この商品を含むブログ (813件) を見るハチミツとクローバー 1 (初回限定版) [DVD]…

羽海野チカに見る、横書き文字のちょっと特殊な使い方

3月のライオン 2 (ジェッツコミックス)作者: 羽海野チカ出版社/メーカー: 白泉社発売日: 2008/11/28メディア: コミック購入: 13人 クリック: 80回この商品を含むブログ (636件) を見る縦書きという日本語の特質から、英語圏などのものとは違い、日本の漫画は…

「3月のライオン」の「優しさ」。あとタイトルについて。

3月のライオン 2 (ジェッツコミックス)作者: 羽海野チカ出版社/メーカー: 白泉社発売日: 2008/11/28メディア: コミック購入: 13人 クリック: 80回この商品を含むブログ (636件) を見る「ヤングアニマル」で連載中の、羽海野チカ先生の将棋漫画。前作の「ハチ…