ポンコツ山田.com

漫画やアニメ、小説などについて、思ったことを恬淡と。

穂積

天才の兄を助ける弟の、その心の内は 『さよならソルシエ』の話

時は1885年、フランスはパリのモンマルトル。芸術の都で画廊を営むテオドルスは、天才的な商才で何枚もの絵を顧客たちに売り、パリ一の画商の名をほしいままにしながらも、既存の画壇に唾吐くような態度をとるために業界の異端児となっていた。彼は信じてい…