ポンコツ山田.com

漫画やアニメ、小説などについて、思ったことを恬淡と。

松井優征

『暗殺教室』親の支配・価値観と、そこからの逃亡先の話

前回の予告通り、『暗殺教室』の「親」から考えるお話です。暗殺教室 13 (ジャンプコミックス)作者: 松井優征出版社/メーカー: 集英社発売日: 2015/03/04メディア: コミックこの商品を含むブログ (25件) を見る13巻では渚の母親が初登場し、彼女の強烈さが遺…

『暗殺教室』「殺す」ことの意味の話

死神編と渚家族編に区切りがついた、『暗殺教室』14巻。暗殺教室 13 (ジャンプコミックス)作者: 松井優征出版社/メーカー: 集英社発売日: 2015/03/04メディア: コミックこの商品を含むブログ (25件) を見るその中で、『暗殺教室』全編を通じて、私が今までち…

『暗殺教室』視点を変えて学ぶことの話

以前書いたものの続き。暗殺教室 10 (ジャンプコミックス)作者: 松井優征出版社/メーカー: 集英社発売日: 2014/07/04メディア: コミックこの商品を含むブログ (28件) を見る2学期になり、暗殺術の応用編としてフリーランニング、すなわち「熟練して極めれば……

『暗殺教室』「いつか」のために学ぶことの話

新刊発売とともにアニメ化&実写映画化という衝撃ニュースの飛び込んできた『暗殺教室』。暗殺教室 10 (ジャンプコミックス)作者: 松井優征出版社/メーカー: 集英社発売日: 2014/07/04メディア: コミックこの商品を含むブログ (28件) を見る実写………? 一瞬嫌…

『暗殺教室』勝負のステージとラスボスの強さの話

夏のバカンス兼暗殺旅行が、あわやクラスメート大量死になるところだった3年E組。黒幕である、かつて一瞬だけE組の担当となった鷹岡から指名を受け、彼と立ち向かったのが渚でした。暗殺教室 9 (ジャンプコミックス)作者: 松井優征出版社/メーカー: 集英…

『暗殺教室』と『ネウロ』に見る、「成長」についての主人公とラスボスの違いの話

『暗殺教室』の5巻が発売しましたね。茅野さんと倉橋さんがかわいいですね。暗殺教室 5 (ジャンプコミックス)作者: 松井優征出版社/メーカー: 集英社発売日: 2013/07/04メディア: コミックこの商品を含むブログ (43件) を見る暗殺対象は軽く月を半分ばかし消…

地球のために、中学生たちは先生を殺す 『暗殺教室』の話

名だたる進学校である椚ヶ丘中学校。しかし3-Eは、成績不振者や素行不良の生徒ばかりを集めた隔離クラスだった。ある日、そこに新しく配属された教師は、月の7割を蒸発させ、永遠に三日月にしてしまった犯人である謎の怪物だった。それと一緒に教室へやって…

『ネウロ』の「悪意」から考える、『HUNTER×HUNTER』の人間と蟻の距離の話

『HUNTER×HUNTER』28巻。HUNTER X HUNTER28 (ジャンプコミックス)作者: 冨樫義博出版社/メーカー: 集英社発売日: 2011/07/04メディア: コミック購入: 14人 クリック: 806回この商品を含むブログ (155件) を見る王との一対一の戦いに敗れたネテロは、従前の約…

松井優征「離婚調停」に見る、起承転結の入れ子構造の話

魔人探偵脳噛ネウロ 23 (ジャンプコミックス)作者: 松井優征出版社/メーカー: 集英社発売日: 2009/08/04メディア: コミック購入: 7人 クリック: 91回この商品を含むブログ (59件) を見る堂々の完結を迎えた「魔人探偵脳噛ネウロ」。松井先生、四年間お疲れさ…

「ネウロ」に見る「物語」22巻分の説得力の話

魔人探偵脳噛ネウロ 22 (ジャンプコミックス)作者: 松井優征出版社/メーカー: 集英社発売日: 2009/07/03メディア: コミック購入: 2人 クリック: 36回この商品を含むブログ (34件) を見る本誌の連載も終わり、来月には最終巻も出る「ネウロ」。作品全体につい…

「ネウロ」と「戦地調停士」シリーズ 最期に笑顔で死ぬ人間と、最期に微笑みかけられた人間の話 あるいは死の有責性についての話

※以下の文章では「魔人探偵脳噛ネウロ」の終盤の展開について触れています。未読の方はご注意ください。魔人探偵脳噛ネウロ 21 (ジャンプコミックス)作者: 松井優征出版社/メーカー: 集英社発売日: 2009/05/01メディア: コミック購入: 3人 クリック: 26回こ…

「ネウロ」の名前のダジャレについての話

魔人探偵脳噛ネウロ 20 (ジャンプコミックス)作者: 松井優征出版社/メーカー: 集英社発売日: 2009/02/04メディア: コミック購入: 1人 クリック: 7回この商品を含むブログ (45件) を見る登場人物の名前にダジャレを結びつけるのはギャグやコメディ漫画でよく…