ポンコツ山田.com

漫画やアニメ、小説などについて、思ったことを恬淡と。

文章

嬉しい悲鳴は嬉しいけどやっぱり悲鳴でもあるという話と、文章のドライブ感の話

昨日の記事(「BLACK LAGOON」 「面白さ」を求めたロックは「夕闇」にいられたのかという話 - ポンコツ山田.com)の最後でもちょろっと書いたけど、本来書こうと思っていた記事は、「BLACK LAGOON」ロベルタ編を読んでて感じた、「正しさ」と「狂っている」…

「センス」がないやつは頭を使え 感覚を言語に翻訳しようという話

どうも。お絵描き(といってもキャラ絵の模写ばかりですが)が楽しくて更新滞ってました。山田です。 それはそれとして以前ちょろっと触れたバンドの話ですが、その練習が昨日あったわけですよ。 サザンやスカパラの曲を中心にやるホーンセクションつきのバ…

「化物語」のキャラクターと、言葉から立ち上がる絵の話

化物語(上) (講談社BOX)作者: 西尾維新,VOFAN出版社/メーカー: 講談社発売日: 2006/11/01メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 37人 クリック: 625回この商品を含むブログ (733件) を見る来期にアニメがスタートする「化物語」のキャラクターが発表されま…

「レビュー」と「考察」の違いは何なのだろうかという話 その2

感想と批評の違い 〜"why"と"how"の壁 - ポンコツ山田.com 以前こんな記事を書いたが、他にはどんな風にこの差を表現できるか最近考えているので、そこらへんをぼちぼちと。 私は自分の書いている記事のほとんどをレビューとはみなしていない。それはカテゴ…