ポンコツ山田.com

漫画やアニメ、小説などについて、思ったことを恬淡と。

内田樹

「ヘタッピマンガ研究所R」から考えた「分析的知性」の話

ヘタッピマンガ研究所R (ジャンプコミックス)作者: 村田雄介出版社/メーカー: 集英社発売日: 2011/06/03メディア: コミック購入: 19人 クリック: 468回この商品を含むブログ (26件) を見る村田雄介先生の『ヘタッピマンガ研究所R』を買いました。あと、書店…

後天的才能は「贈り物」なのかという話

昨年末に内田樹先生のブログで書かれていた記事、「才能の枯渇について」で、昨日twitter上で呟いたことを改めてまとめてみたいと思います。 リンク先の記事で主に触れられている天賦の才能のことを、内田先生は「なんだか知らないけれど、できちゃうこと」…

日本語話者の言語処理と、漫画の台詞と映像の処理

街場の教育論作者: 内田樹出版社/メーカー: ミシマ社発売日: 2008/11/15メディア: 単行本購入: 21人 クリック: 114回この商品を含むブログ (128件) を見る昨日の記事(参考;むんこ作品に見る、フキダシのない手書き台詞のニュアンス(そしてそこから見るむ…

疲れすぎて眠れぬ夜のために/内田樹/角川文庫

疲れすぎて眠れぬ夜のために (角川文庫)作者: 内田樹出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2007/09/25メディア: 文庫購入: 30人 クリック: 347回この商品を含むブログ (111件) を見る角川から同名で発行されていた単行本の文庫化。 好きな本は単行本で買うこと…

ニッチとしての物書き

ひさしぶりの週末なので内田樹氏のこの記事の中段、「物書きは基本的にニッチビジネス」という箇所に強く頷きました。まだ文章でお金をもらっている立場ではない私がそれを言うのは、おこがましいことなのかもしれませんが、同じく何かを書くことを日々の糧…