2010-10-13から1日間の記事一覧

拍手レス

「主人公サイドの過剰な持ち上げ」については、この作者の十八番ともいえるのではないでしょうか。 「感覚的に技を身につける主人公」が、「努力型や天才型のライバル」をあっさり蹴散していくというパターンは、『帯をギュッとね』『モンキーターン』でも同…

日本橋ヨヲコ作品に見る人格としての天才の話

Something Orangeのkaienさんの記事を読んで思ったことを少々。 天才とは何か本気出して考えてみた。 - Something Orange これらの文章を読んだうえにぼくなりの天才の定義をまとめるなら、あるものごとに対し、常時、どうしようもなく異常にハイコスト、ハ…